蓄熱式脱毛って何?メリット・デメリットを紹介

医療脱毛を検討しているけれど痛いのは苦手なので悩んでいる、という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方におすすめしたいのが蓄熱式脱毛です。

医療脱毛の中でも痛みが少ないといわれている蓄熱式脱毛には様々なメリットがあります。

弱いレーザーを何度も当てていく蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛の仕組みで最も特徴的なのが、弱いレーザーを何度も照射するという点です。

従来の医療脱毛というのは単発式と呼ばれるもので、強いレーザーを一度に照射していました。

これは永久脱毛をするためには毛根を破壊する必要があるという考えがあったためです。

つまり、強いレーザーでなければ毛根まで届かなかったという認識を持っておけば良いでしょう。

しかし実は毛根を破壊せずとも、バルジ領域を破壊することでも脱毛は可能なのです。

毛を作ったり栄養を与えるという役割があるバルジ領域を破壊すれば、毛は生成されません。

蓄熱式脱毛はじわじわと熱を肌に伝えることでバルジ領域を破壊するという仕組みなのです。

他の脱毛方式とどう違うの?と気になる方は他の記事もご覧ください。

痛みが少ないのが最大のメリット

蓄熱式脱毛にはいくつかメリットがありますが、やはり最大のメリットは痛みが少ない点です。

従来の単発式は強いレーザーを使うため、どうしても強い痛みが伴いました。

しかし蓄熱式は弱いレーザーを当てていくため、ほぼ痛みがないのです。

勿論痛みの感じ方は個人差がありますが、従来と比較するとかなり軽減されたといえるでしょう。

また、蓄熱式脱毛は施術時間の面でもメリットがあります。

照射口が大きなものが多いため、施術範囲が広くなり時間も短縮されるのです。

なんと単発式の1/3程度であるともいわれているという話を聞けば、その早さを実感できるでしょう。

急激な温度上昇もないため、肌へのダメージが少ないのも魅力です。

蓄熱式脱毛を導入しているクリニックはまだまだ少ないですが、「蓄熱式脱毛ガイド」というサイトで詳しく調べることができます。

興味のある方は一度見てみてください。

抜けるのに時間がかかるのがデメリット

非常に魅力的なメリットが多い蓄熱式脱毛ですが、毛が抜けるまで時間がかかるというデメリットがあります。

いままでの単発式というのは毛根を破壊していたため、早ければ施術当日にするっと抜けていました。

しかし蓄熱式脱毛の場合、バルジ領域を破壊して栄養を絶つことで抜けていきます。

施術をしても栄養が残っている限り毛が抜けることはないため、どうしても効果がでるまで時間がかかってしまうのです。

個人差もありますが2~3週間はかかると思っておく必要があるでしょう。

まとめ

蓄熱式脱毛は効果が出るまでに時間がかかりますが、痛みが少ないという魅力があります。

・痛いのが苦手な方
・施術時間を短く済ませたい方
・肌へのダメージが心配な方

にはおすすめできるといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました