IPL脱毛と蓄熱式脱毛の違いを紹介!どっちがおすすめ?

蓄熱式脱毛を比較する

脱毛にはいろいろな種類がありますが、今回はIPL脱毛と蓄熱式脱毛の違いについてご紹介していきます。

IPL脱毛って何?

IPL脱毛は、インテンスパルスライトという光を脱毛したい部位に照射して脱毛する方法です。

照射した光はメラニン色素に反応します。

そして、熱エネルギーによって毛根に刺激を与え、ムダ毛を弱らせるのです。

弱ったムダ毛が自然と抜け落ちることで、脱毛が可能になります。

蓄熱式脱毛って何?

蓄熱式脱毛は、SHR脱毛とも呼ばれます。

蓄熱式脱毛は、ムダ毛が生えている毛根に刺激をするのではありません。

発毛指示を出すところに刺激を与えるので、徐々に新しいムダ毛が生えてこなくなるのです。

IPL脱毛と蓄熱式脱毛の大きな違いは何?

もちろん脱毛の照射で刺激する部分が異なるのが大きな違いです。

刺激する部分が異なるとどのような違いがあるのでしょうか。

IPL脱毛ではメラニン色素に反応するので産毛には反応しにくいです。

反対に太い毛でもしっかり反応して効果を期待できるということになります。

一方で蓄熱式脱毛では、産毛にも反応し脱毛を期待することが出来ます。

発毛指示を出すところに刺激を与えるので、ムダ毛が生えてこなくなるまで時間はかかることが一つのデメリットです。

IPL脱毛と蓄熱式脱毛では痛みも違う

脱毛をするときには痛みを伴うのでは?と不安を感じる人も少なくありません。

IPL脱毛では、毛根を刺激するため照射する際に痛みを感じることがあります。

もしも広範囲の脱毛を考えたときには、この痛みがハードルになることもあります。

一方で蓄熱式脱毛では、毛根は刺激しないので、照射する際の温かさはあるけれど痛みを感じにくいというメリットがあります。

痛みに弱い、痛いのは嫌という人にはおすすめですし、肌にも優しい脱毛方法ともいえます。

タイトルとURLをコピーしました