SSC脱毛は蓄熱式脱毛とどう違う?メリット・デメリットを比較!

蓄熱式脱毛を比較する

一般的な脱毛方法は光脱毛になっています。

その光脱毛の中には細かな種類があることをご存知でしょうか。

そこで、今回、光脱毛の中でも有名なSSC脱毛と蓄熱式脱毛について詳しくご紹介させて頂きます。

SSC脱毛

SSC脱毛とは

光脱毛の一種で、スムース・スキン・コントロール脱毛の略となるのがSSC脱毛です。

一般的な光脱毛の場合、毛根に光を当て脱毛を行います。

しかし、SSC脱毛の場合は専用ジェルを肌に塗り、そのジェルに光を当てることで脱毛を行い仕組みになります。

SSC脱毛のメリットとは

SSC脱毛のメリットは、痛みを感じることがほぼないという点です。

直接、毛根に光を当てるのではなく、ジェルに当てることで痛みを軽減させる効果が高まります。

また、直接、肌に光を当てないため、肌トラブルも起きません。

光脱毛でよくある肌トラブルである炎症や火傷といったこともなく、肌にダメージを与えず脱毛を行うことが可能です。

そのうえで、専用ジェルによる美肌効果も期待でき、多くの脱毛サロンで使用されています。

SSC脱毛のデメリットとは

SSC脱毛のデメリットは、即効性を期待することができない点となります。

蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛とは

一般的な光脱毛の場合、ワンショットずつ光を当て脱毛を行います。

一方、蓄熱式脱毛の場合は、機器をくるくる動かしながら脱毛を行います。

メラニン色素に対し行う一般的な光脱毛とは違い、バジル領域や毛包部にダメージを与える方法が蓄熱式脱毛なのです。

蓄熱式脱毛のメリットとは

最大のメリットは、一般的な光脱毛では施術が難しい黒ずんだ場所や日焼けした場所でも使用することができる点となります。

そのため、一般的な光脱毛を行うことが難しかった個所でも脱毛が可能になります。

そのうえ、痛みが少なく、敏感肌の人でも安心して使用することができる点も魅力となっています。

蓄熱式脱毛のデメリットとは

蓄熱式脱毛のデメリットは、脱毛効果がわかりにくい点となります。

まとめ

以上がSSC脱毛と蓄熱式脱毛の比較です。

是非、参考にして頂けたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました